【演習編成】黒雷天龍門

最新の演習環境をお届けする記事です。

今回は大陸で試されている、黒い魚雷こと《533mm磁気魚雷》を使った編成の紹介です。

 

基本的な発想は、下記2つの組み合わせです。

f:id:uniheraction1618:20200803203933p:plainf:id:uniheraction1618:20200803203958p:plain

最大火力を持つ610mmを磁気魚雷化して、開幕火力と命中率を上げます。

f:id:uniheraction1618:20200803204403p:plain

開幕しゅんころ編成です。

昔は伊吹が使われていましたが、軽巡・駆逐で合わせる形のほうが良いようです。

天龍門に組み込んでおり、前衛を処理した後の強さに定評のある飛龍を生かす狙いですね。

とりあえず試したい人はコレからやってみていいかと思います。

 

大陸編成のままですが、いくつか感じた点を記載しておきます。

 

装備について

主力の装備については特に疑問点はないですね。

前衛処理重視なら、長門の主砲を虹砲でもいいかなと感じます。

最近は長門の挨拶で炎上ダメ入るのもあって、虹砲で良いかなと感じることが多いです。

ここらへんは好みの世界なのかな。

 

前衛の装備について2点

1.能代の主砲は回転重視で、弾幕による魚雷に重きを置いています。

2.長波も黒雷+610mmで良さそうに見えますがどうなんでしょうか。

  →スキル《雷撃戦再突入》で虹磁気魚雷を撃たせる方がトータル火力が出る模様。

f:id:uniheraction1618:20200803205653p:plain

 

主力の組み合わせ

天龍門と組ませていますが、長門を使った他の編成(天帝門、天狸門)はどうなんでしょうか。

グッスタよりは長門と組ませたいのは分かるので、天帝門か天狸門と組んだ時の強さも気になるところです。

虹砲が主力に入りやすくなると思うので、その点はプラスになると思います。 

 

防衛向きか

開幕魚雷編成は、事故らせ天龍門などの名称があったように、防衛で活躍するイメージがあります。

いわゆる「あじゆ」前衛はガチャ要素が少なく、平均的な強さで勝負するので、だいたい攻め側が勝ちます。

一方、上振れ編成は運要素を大きくすることで、防衛の勝率を大きくする効果があるように思います。

仮に魚雷が前衛に当たらなくても、すぐ後ろにいる主力に当たりやすいのがいいですね。

 

殴ることはできるので誰かいたら殴ります(to 大湊)

2 comments

  • 通りすがりの

    なんとか二個ドロップで完成させたのですが、二個あれば良かった感じですか…

  • uniheraction1618

    コメントありがとうございます!
    今後どんな艦が出てくるか分からないので、3つあれば安心だと思います
    長波に代わるキャラが最適になる可能性があるので

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。